乳幼児(4ヶ月〜6歳)の髄膜炎の原因菌は 「小児から成人(6歳〜50歳)の1位と2位入れ替え」で覚える!

乳幼児(4ヶ月〜6歳)の髄膜炎の原因菌

小児から成人(6歳〜50歳)の1位と2位入れ替え

①インフルエンザ菌

②肺炎球菌

③髄膜炎菌

※Hibワクチンを打つ理由はこの年齢でインフルエンザ桿菌による髄膜炎が多いことがあります。

参考:小児から成人(6歳〜50歳)の髄膜炎の起因菌

http://www.ichinoblog.shop/2019/01/08/post-2275/
タイトルとURLをコピーしました