ITT(割り付け重視の分析:Intention to treat)とPP(per protocol:プロトコル重視の分析)の違いは「言ったとおり」と覚える!

ITT(割り付け重視の分析:Intention to treat)とPP(per protocol:プロトコル重視の分析)の違い

ITT→ITTAとおり→言ったとおり→割付通り

ITTでは、はじめの割り付け通りに分析を行います。

より実態を即していると言われています。

盛永先生の公衆衛生の講義でも、

1日24時間勉強した学生を50人集めて49人脱落した場合、

ITTだと1/50→2%となりますが

PPだと1/1→100%で当てにならない

とわかりやすい説明をされてましたね。

とりあえず、言葉が紛らわしいので

ITT→言ったとおり→はじめの割付通り→信頼性高い

と考えるといいかなと思っています。

 

タイトルとURLをコピーしました