Weber法で、伝音難聴の際に、健側優位になる機序

Weber法は正中に音叉を当てる試験です。

まず感音難聴は健側優位

 

これは納得できると思うんです。

左聞こえないんですーって患者さんが言ってて、検査して右のほうがよく聞こえます、って言われたらまあ普通ですよね。

問題は次です。

 

伝音難聴は病側優位(!?)

 

これって冷静に考えたらびっくりしますよね。

左聞こえないんですーって患者さんが言ってるのに、検査したら左のほうが聞こえます、って言われてなんでやねん!ってなりますよね。

自分も混乱していろいろ調べました。

結局機序は

 

伝音難聴があると、内側から外側にも音が伝わらない

=音が内耳にこもって抜けなくなる

 

らしいです。

今回はゴロではないですが、結構混乱しがちだと思うので、まとめてみました。

タイトルとURLをコピーしました