膜性増殖性糸球体腎炎が若年に多いのは「増殖するような勢いがあるのは、小児・若者」とイメージする!

膜性増殖性糸球体腎炎が若年に多い

増殖するような勢いがあるのは、小児・若者

一次性は小児や若年成人に多いです。

なお二次性(C型肝炎、クリオグロブリン血症など)は、また別の話になってきそうです。


なお、増殖する勢いのなさそうな膜性腎症は、高齢者に多いです。

タイトルとURLをコピーしました