前立腺癌でPSA監視療法を行う基準は「lowリスク」で覚える!

前立腺癌でPSA監視療法を行う基準

lowリスク

lo:(Gleasonスコア以下)

lo:10(10ng/mL未満)

※これに加え、「生検で2針以下陽性」が、前立腺癌を低リスク癌と分類する条件となっています。

110D58
58歳の男性。PSA高値を指摘され来院した。7年前から人間ドックで定期的にPSAを測定していたが基準値を超えたため受診した。排尿障害を認めない。直腸指診で前立腺はくるみ大、弾性硬で両葉に小結節を触知する。PSA 6.5ng/mL(基準4.0以下)。骨盤部MRIのT2強調像で前立腺辺縁領域に低信号を認めるため前立腺生検を施行した。病理診断では前立腺左葉の6本中2本、右葉の6本中1本に中分化腺癌(Gleason score 4+4)を認める。骨シンチグラフィでは異常な集積を認めない。
対応として適切なのはどれか。2つ選べ
放射線療法
抗癌化学療法
PSA監視療法
前立腺全摘除術
分子標的薬投与
解答 a, d
PSAは6.5ng/mLで10以下とはなっていますが、Gleasonスコアが8点なので、PSA監視療法はできず、cは除外できます。
タイトルとURLをコピーしました